プロフィール

春夏秋冬テンカラ

Author:春夏秋冬テンカラ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


まとめ

石徹白 (9)

6月14日(火)石徹白へ

この日はT島隊長と現地で合流する予定

朝8時30分頃現地到着、

駐車場には、車が一台

下流の駐車スペースには、釣り人無し

この日も渇水状態

16061401
堰堤下から釣り開始。

この日も、透明ラインを試す。

直ぐに止水で7寸のイワナ

16061402

まあまあのペースで釣れ

流れの中から8寸のイワナ

16061403

そして堰堤上のプールへ

峠川は、この頃から魚がかなりスレて

最初は毛鉤が着水すると魚が逃げて

その次は、ラインが魚の上を通ると

魚が逃げると思っていた。

しかしこの日、透明ラインを試して見ると

魚の上を通って、毛鉤が着水しても魚は逃げない。

毛鉤の着水は、あまり関係ないみたい。

ブールの魚は丸見えで、

色々試すがなかなか口を使わない

サイトで一匹釣った後、良型をバラしたら

全く魚が見えなくなった。

その後流れの中、手に軽い当たりや

ラインの当たりを取るが、魚が乗らない。

透明ライン+目印の当たりは、

もう少し練習が必要みたいだ。

その後ドライフライに変えて直ぐに、9寸のイワナ

16061404

そして直ぐに、8寸のイワナを2匹追加して

又8寸イワナが毛鉤を見て、引き返した。

見切られたと思い、50㎝上流に毛鉤を置くと

良型が毛鉤を吸い込んだ。

掛けた瞬間、尺間違いなし。

本流テンカラで釣っていたので、楽に魚を誘導しキャッチ

イワナ32㎝

16061405

竿:本流テンカラZE
ライン:フロロカーボン1.5号4m
シーガーエース(透明)
ハリス:フロロカーボン0.6号1.5m
    (GOSEN タニイーFC AJI)
毛針:#12(DryFly)

この一匹で大満足、場所移動

山に雲が掛かり、雨が降りそうだが釣り開始

16061406

まあまあの反応だが、大きくても8寸

16061407

暫くすると雨が降り出し、下流へ移動

下流へ来ると、路面も濡れてないので釣り開始

一匹釣って、ライズを発見

3.4匹がライズしている。

色々試して魚は出るが、毛鉤を銜えていない。撃沈

その後チャラ瀬を釣り上がると、小さいながら釣れる

16061409

しかし、数は釣れたが、良くて8寸のイワナ

16061408

夕マヅメ場所移動。

T島隊長からメールが届き、釣りの後、食事の約束。

2.3匹追加したところで、又2匹のライズを発見

今度こそはと、粘ってようやくキャッチ、ヤマメ7寸

16061410

その後も順調に釣れたが、

イワナ、ヤマメ共8寸

16061411

16061412

本日もこれにて終了。・・・・

数、型共満足



コラム(峠川の釣り人密度)

この日朝峠川について、駐車場には一台

自分が車を止めた場所には、他に車無し。

朝橋の上から、上下流を見渡しても、釣り人無し。

11時前に移動の際も橋から見渡したが、釣り人無し

午後から峠川に来たT島隊長も、見かけた釣り人は一人

こんなに釣り人が少ないと、漁協の収入が心配だが

これも、C&R関係者の釣り人を減らして、魚を守る

予定通りかもしれない。

釣数制限以前は、釣り人も多く、緩やかな相互監視で

魚が守られてきたが。

ここまで釣り人が少ないと

密猟者が増えるのが心配である。

密猟者が一人10匹、二人で20匹魚を抜くと

400匹~1000匹C&Rした事と同じである。

漁協及びC&R関係者さんに、対処をお願いしたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tenkarakenchiku.blog.fc2.com/tb.php/237-e7ab2120

 | ホーム |