FC2ブログ

プロフィール

春夏秋冬テンカラ

Author:春夏秋冬テンカラ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


まとめ

石徹白 (8)

6月10日(金) 単独釣行

のんびりと、5時半に自宅出発

朝日がまぶしい。

いつもより時間が掛かり、8時過ぎに到着

駐車に車が数台、バス1台、子供大勢

16061001

イベントでも有るかと聞いてみたら

関西の中学生が、石徹白で民泊して帰るところ

最近の若い子は、お爺ちゃん、お婆ちゃんの家が

田舎ではない子が増えたのかな?

きっと、良い体験が出来たでしょう。

峠川は、渇水

16061002

自分だけだろうか、釣り場に来ると

何故か「大」がもよおす。

ありがたい事に、ここ石徹白には綺麗な便所が有る

16061003

そして

16061004

すっきりしました、石垣大王様有り難うございます。

8時30分頃釣り開始、場所はここ

16061005

峠川は、この時期になると魚がかなりスレていて

こんな、鏡みたいなポイントは

ラインが飛んでくると、魚がゆっくりと逃げる

そこで、試すシステムは

竿:本流テンカラZE
ライン:フロロカーボン1.5号4m
 シーガーエース(透明)
ハリス:フロロカーボン0.6号1.5m 目印二つ
    (GOSEN タニイーFC AJI)

透明ラインに目印二つ、

目印を付ける事を嫌う人や、邪道と思う人がいるが。

カラーラインを見て、毛鉤の位置を確認する

カラーラインを見て、当たりを取る

カラーライン事態が目印であり

自分が紹介した与一なんかは、よく見える目印だと思う。

結果直ぐに、#16の普通毛鉤でアマゴ6寸

そして#18の毛鉤を沈めて、アマゴ8寸

16061006

今後このシステム、試して見ます。

瀬はラインを与一に戻して、石前から

またしても、少し足りない、泣き尺イワナ

16061007

10匹以内で尺を釣るのは難しい。

そして、瀬の脇から9寸のアマゴ

16061008

写真が今一

カメラマン木村さんの講習、もう一度受けたい。

11時頃、川を上がり駐車場へ

又々S山君に有った。

色々釣りの話を小一時間話して、自分はC&R外へ

2.3年前に一度入った事のある場所へ

16061009

テンカラミーティング2016の講習会で

フライの内山さんに教わった釣り方を試す。

魚の反応は良いが、サイズが今一

ポイントが少し違うか?

暫くして、9寸のイワナ

16061010

そして、教わった典型的なポイントから

尺イワナ

16061011

内山さん、有り難うございました。

その後もまあまあ釣れて、脱渓

16061012

夕マヅメは良くて8寸

16061013

で本日終了。・・・匹

数、型共満足。



コラム:スタンダードテンカラ

大王様のホームページで、先日催された

テンカラミーティング2016のアンケート結果が出ていた。

(フィッシャーズホリデーのアンケートは
  公開されたいたか?)

竿は3.5m~4m
ラインの長さ3.5m~4m
ハリスは0.8号のフロロカーボン
毛鉤は、バーブレスフックの12番

たぶんこれが、現在のスタンダードなテンカラだと思う。

竹竿、練り糸がテンカラだ言われる方がいるが

昔の職業漁師のテンカラは

竹竿、馬素、木綿糸に縫い針を曲げて造った毛鉤

足には、わらじと脚絆、そして笠。

このスタイルで釣りをするには、かなりの技術と

お金が掛かる、普通の釣り師では真似が出来ない。

アンケートの結果が、今のテンカラスタンダードで

良いと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tenkarakenchiku.blog.fc2.com/tb.php/236-0e4f3661

 | ホーム |